ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

愛知

ヨガリボーンin愛知「Ori Hina Yoga」レポート

更新日:

日時・開催場所

2018.12.16(日)13:00-16:00

「Ori Hina Yoga」:愛知県名古屋市金山1-16-11グランド金山ビル4階東
金山総合駅北口 徒歩1分

HP:http://orihinayoga.com/

ワークショップ内容

ヨガ×心理学

エンプティチェア

幼き日の母(父)に会い過去の自分を癒し浄化する

自己受容がテーマです。

ワークショップの様子

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga,SATORU

↑今回は愛知県名古屋市のOri Hina Yogaさんにて

ワークショップ開催させていただきました。

名古屋の金山という、Big Cityの駅の間近くのビルの中にあるスタジオ。

僕もこんな都会の便利なところにこんなスタジオ欲しいと羨ましく思います。

 

satoru&yuuki画像,ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑Ori Hina Yoga代表YUUKIさんと。

ヨガ心理学,ヨガリボーン,エンプティチェア,yuuki

>>以前ご参加時のYUUKIさん声

 

以前ヨガリボーンin愛知「ヨガテリア」でヨガリボーン体験していただいて、

YUUKI:「ウチ(Ori Hina Yoga)にも来てください!」

とお誘いいただけました。すごく興味持ってくれてました、

ヨガリボーンはリトリートが合ってるよ!との良きアドバイスもいただけた。

 

さて!

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑最初は座学から入ります。

心理学ってみなさん、人の心を読むとかいうイメージの人多いようですが、

それも間違いではないのですが、ほんの一部ですね。

少なくともSATORUが実践する心理学は人の心を読むものではありません。

 

人の心を読むよりも、自分の本当の気持ちを知らない限り、向き合わない限り、人は満足な人生を送れない。

とはいえ、人の気持ちって確かに気になってしまう時があります。

でも人の気持ちって結局は読めないし、人の気持ちばかりを気にしてる人生ってね、

結局は

「他人軸」

なのですね。いつも軸が自分にない。

これでは人生が勿体無いですよ。

 

とまあ、話がそれてしまいました。

 

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑写真が暗くてすみません。

実際ここのスタジオは真っ白で日当たり最高のスタジオです。

毎回SATORUの座学は熱いです^^

この心理学を教えて欲しいとお問い合わせをしばしばいただきます。

2019年は心理学の座学を行おうかな。それなら遠隔地でもみんなスマホかパソコンでお気軽にSkypeとかzoomで行えますからね。便利な時代です。楽しみにしててくださいね。

心理学学べば、自身の人生が少しずつ変化していくのはもちろん、他人の相談にもスキルで乗ってあげることができます。

ヨガの先生で、生徒さんの相談にしっかり乗ってあげたい方に特におすすめしたいなあ。

ヨガを通して、身体も心も相談乗れる先生。最高やな。

 

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑ではヨガ×心理学のヨガリボーン始まり!

まずは心を静かにしてからね。深い呼吸します。

 

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑身体が温まる程度ヨガで動きます。

もちろんこのヨガがすごーーく重要な役割果たすのですよ。

ヨガすることで潜在意識の奥にアクセスすることで、

自分と向き合っていけるのです。

 

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑脳科学(NLP)の手法です。タイムラインと言います。

時間を今は過去に戻しています。

これは本人がどれだけその気になれるかがキモとなります。

ヨガインストラクターの誘導の力量がここで試される。

静かなリラックスの中にも集中できる雰囲気ね。

 

ヨガリボーンワークショップin愛知,orihinayoga

↑今回はエンプティチェアというゲシュタルト療法の心理療法とヨガを融合させたプログラムです。

自身は幼き頃の小さな子供となり、向かいのブロックには当時の母(父)が座っています。

受講すると本当にリアルにそれをイメージできるのです。

なぜこんなことをするのか?

それは、あなたが今抱えている問題やテーマや夢、目標。

それには「自己受容」できているかが大きな鍵となっているから。

あなたはあなた自身を認めて受容できていますか?

自己受容なしに人生はハッピーになることはないですよ。

たとえ社会的地位をえても、お金持ちになっても、成功者と呼ばれるようになっても。

自己受容は人生においてそれほど大事なものなのです。

そしてその自己受容できていない「縛り」は過去の人間関係からきていることが多い。

人生の最初の人間関係から。そう!

幼き日の母(父)との関係

から。

 

時間を過去に戻して、今はもう大人のあなたから当時のことを再体験すると、意外と物事って違って見えたりします。気にしていたことも単純に勘違いであったり、母(父)への感謝の気持ちがこみ上げてきたり。そうすることで

あなた自身があなた自身を自己受容

できるのですね。文字通りリボーンするのです。

 

さて今回は参加者さんからどんな声が聞けたでしょうか?

このワークショップ参加者さんの声(5名選出)

 

ワークショップ・スケジュールはこちら

>>HOME

 

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガインストラクター&心理カウンセラー。 ヨガ × 心理学 『ヨガリボーン®︎』考案。 ヨガ スタジオ YOGATERIOR 代表 各地でワークショップを行っている。

-愛知

Copyright© ヨガ×心理学 ヨガリボーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.