SATORUシーケンスの話

SATORUのヨガレッスン前のお話集 ヨガの先生の悩み

ヨガのシーケンスはとても大切です。ただ見失ってはいけないものがある。

ヨガのシーケンスはとても大切です。ただ見失ってはいけないものがある。

ヨガのポーズからポーズへの一連の流れや、組み合わせを『シーケンス』といいます。これはヨガでなくても使われる言葉ですが、「連続」とかそういった意味合いがあると思います。

例えばヨガにおいて、「今日のシーケンス良かったよ!」と言われたら、ポーズの組み合わせや順番が良かったよということです。

 

ヨガのレッスンを作る上でシーケンスはとても重要です。シーケンスが良くないと、身体を整えるどころか、下手をすれば傷めてしまいます。又、よいポーズを行ったはずなのに、心地よくないクラスになったりします。

 

ヨガの流派によっては、シーケンスはすべて決まっていることもあります。あるいは、大手のヨガスタジオなどでは「均一の品質」を生徒さんに提供するために、すべてシーケンスが指定されていることもあるでしょう。

決まっていることが良いか悪いかという問題ではなく、ヨガインストラクターとしては自分でシーケンスを作れるようになりたいものです。

 

シーケンスに関しては、それを専門にした講座も開かれています。僕はシーケンスを専門にはしていませんが、自身が開催しているヨガインストラクター養成講座では、シーケンスの作り方を指導しています。

細かなところまでは、実際にその先生のレッスンを受けてみないとなんとも言えないのですが、

前屈

後屈

側屈

回旋(ねじり)

バランス

これらの要素を入れます。その上で注意事項としては

  • 過度な後屈はいきなり行いません。
  • 後屈の後にはカウンターポーズ(チャイルドやねじり)を入れる。

 

本当に基本的なことです。荒っぽい表現かもしれませんが、これらを守っていれば、めちゃくちゃなシーケンスにはなりません。

※ただ本当に、実際にレッスン見てみないと同じシーケンスであってもなんとも言えないのが正直なところです。

 

シーケンスは良いに越したことはありません。すごく大事な要素ですので、それを研究したり学ぶことはヨガインストラクターとして必要なことでしょう。ただ僕が注意していることは、自分の意識がシーケンスばかりにいってないかということです。

生徒さんを心地よい状態にしてあげたいという気持ちは、ヨガインストラクターとして素晴らしいことなのですが、シーケンスばかりに意識をとられると、いつのまにか生徒さんをコントロールしようとしてしまうことがあるでしょう。

この「コントロールしようとしてしまってること」事態が本人の内観力も必要になります。コントロールなんてしてないよ、と思いがちですが、案外やってしまってます。

 

僕から一つ質問があります。

 

良い先生の行う良いシーケンスがあったとしましょう。そのシーケンスを完全に覚えて、キープ時間もしっかりコピーしたら、同じレッスンになるでしょうか?

 

もっと具体的に言うと、

 

「太陽礼拝」って同じ動きをしますよね?たったそれだけでも、先生によって全く違ったレッスンになるのは何故でしょうか?誤解のないように繰り返しますが、シーケンスを考えるというのは大事なことですし、特化して研究しても良いです。

ただ、あなたが求めているヨガレッスンにおいて、最重要なことがシーケンスでしょうか?もし今ここで初めてそれに気づいた方は一度、誰かのレッスンのシーケンスを同じように行ってみてください。それで満足いけばそれで良いでしょう。もし何かが違うと感じたらそれも成長だと思います。

 

ヨガは先生の数だけ存在するというのが僕の持論なのですが、僕のヨガでは「リードと誘導」を大事にしています。

 

質問をもう一つ。

 

あなたがヨガを好きになった瞬間。それは「ああこのシーケンスって気持ち良いわぁ。」って感じましたか?最後にもう一度繰り返しますが、シーケンスはとても大切なことですが、そこにあなたのいちばん大事なものがありますか?

ヨガは先生の数だけ存在するし、自分だけのヨガを伝えたいと思ってる先生も多いですが、あなたにとっての本質はどこにあるでしょうか?そこと向き合ってみても良いでしょう。

 

※すこし過激な発言もあるかもしれませんが、学びの意識を刺激するためです。

 

HOME

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表 「ヨガ×心理学」がコンセプト。2015年よりアジア最大級のヨガイベント「横浜ヨガフェスタ」Lotus8-オンラインヨガクラス講師担当中。現在、全国各地でワークショップ・講座を開催中。/スタジオ経営者/ヨガインストラクター育成講師/心理カウンセラー/ヨガ×心理学ヨガリボーン®︎考案者/著書(電子書籍):生徒の心に響く「ヨガ誘導の言葉」/ヨガ専門誌『Yogini』ヨガ心理学エッセイ連載 1975.2京都生まれ

-SATORUのヨガレッスン前のお話集, ヨガの先生の悩み

© 2021 ヨガ×心理学 Powered by AFFINGER5