心臓の弱いヨガの先生は読まないでください。

普通じゃなくならないと、そこから何も変わらない。

 

  • できるようになりません。
  • 物事がうまくいきません。

と言っている方へは、単刀直入に、環境を変えることをおすすめします。なぜなら、今の満足いかない状態は、環境の結果だからです。

 

環境が大事なのは分かっていても、それでも変えるのが難しいですね。

そこで大事なキーワードとなるのが「普通」という言葉です。

何かといえば「普通は」って言う人がいますが、その普通って具体的にどんなことでしょうか?

さて、今から話すことは心理学の話でもありますし、いろんな分野のいわゆる成功者などが残してる哲学でもあるので、人の本質的な話だと思います。

 

自分を変えたければ、環境を変える。そのためにはなんとかして「普通」を捨てましょう。人によっては普通を捨てろって言うと「え?異常者になれってことですか?」という人がいますが、そこは「当たり前」「今までの常識」とか「自分の中のものさし」と変換してもらったらよいかと思います。

それらの言葉を総称してここでは「普通」と呼びます。

 

※ここで言う「普通を捨てましょう」という言葉に対して、すぐに誤解をして思い込みで解釈する人はコミュニケーション能力が足りてないと思います。人の話の芯を捉えられないようでは、誰にも相手はされません。

僕はよく講座にて受講者さんに「みんな変態だね」って冗談半分で言ってますが、冗談であり真剣でもあります。

 

普通っていうのは面白いもので、人によって違ってきます。ちょっと具体的に例を出してみますが、あなたはどんなものがあるでしょうか?

 

・普通はこんなものにお金を使わない。

・普通は1年に1回は旅行に行く。

・普通は35歳までには結婚する。

・普通はこの歳ではこれくらいの車に乗ってる。

・普通はみんなと一緒に行く。

・普通は正月は誰かと過ごす。

・普通は男がやる。

・普通は女がやる。

 

あーーー書いててキモチワル。(笑)

 

結構きつい事を書いてますが、僕自身も「普通」って言葉に縛られて苦しかった時期があります。そこから抜け出せた時、結果的に気がついたのですが、なんらかの「普通」を捨ててました。だから分かったことなのですが、今までの自分の「普通」から外れるくらいの覚悟がないと、取り巻く環境は変わらない。例えば、

 

・スマホの連絡先を全て消して、知らない街に引っ越す。

 

これくらいやってもいいかもしれないですね。実際やるかやらないかは、自分で判断してもらえばよいのですが、それくらいの覚悟が必要だよと言う意味です。

だから、全く同じ行動を取る必要はないですが、これに匹敵する行動ってどんなものでしょうか?一度自分の中で挙げて明確にしてみてもよいかと思います。

 

※すこし過激な発言もあるかもしれませんが、学びの意識を刺激するためです。

 

HOME

 

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表 「ヨガ×心理学」がコンセプト。2015年よりアジア最大級のヨガイベント「横浜ヨガフェスタ」Lotus8-オンラインヨガクラス講師担当中。現在、全国各地でワークショップ・講座を開催中。/スタジオ経営者/ヨガインストラクター育成講師/心理カウンセラー/ヨガ×心理学ヨガリボーン®︎考案者/著書(電子書籍):生徒の心に響く「ヨガ誘導の言葉」/ヨガ専門誌『Yogini』ヨガ心理学エッセイ連載 1975.2京都生まれ

-心臓の弱いヨガの先生は読まないでください。

© 2022 ヨガ×心理学 Powered by AFFINGER5