ヨガ ベンチ

ヨガの先生の悩み 独立開業(ビジネス)

私のレッスンは友達も来てくれなくなった。

私のレッスンは友達も来てくれなくなった。

一人ぼっち

僕はヨガスタジオを経営しています。

なので、新人の先生から相談を受けます。スタジオを経営してるから、ひょっとしたら、新人の先生からは雲の上の存在に見えてるのかもしれません。

そんなことはないのですがね。

 

よくある相談。

相談あるある

私は、最初は友達から集めてレッスンを始めました。友達はみんなヨガ初めてで、みんな

「ヨガきもちいい!続けたい!」と言ってくれていました。でも、あれだけやる気だったのに、来てくれたのは2回だけでした。

私って、友達すら来てくれないインストラクターなんですね。SATORU先生はすごいですね。いろんな人が毎日レッスンに来てて。豊橋(スタジオ所在地域)が地元じゃないのに。

 

↑上記はよく受ける相談です。

これには決定的な勘違いがあります。ビジネススキルにもつながるし、是非読んでおいてください。

 

お友達はお友達である。

お友達はお友達

結論から言いますが、お友達は、あなたのお友達であって、

ヨガに興味がありません。

1回でも来てくれたらOKです。なので、万が一にもヨガを続けてくれる友達がいたら、超ラッキーなコトですので、それくらいのつもりでいましょう。

 

だから、「友達すら続けてくれない」から「私はだめなインストラクターだ」と思ってるなら、その必要はありません。

 

あなたのレッスンには、まだ知らない人が、ほとんど来てくれた事がないのかもしれない。

でも、今後来られる新規の生徒さんは、ヨガに興味があって自ら調べて初レッスンに来られます。

そんな生徒さんの方が、お友達よりも、ヨガのモチベーションが高いのは言うまでもないですね。

なので、もしあなたのレッスンに、まだ誰も新規の生徒さんが来てなくて、現状、お友達だけで開いていたとしましょう。

そしてその友達すらも、1回〜3回来て、「ヨガいいね!続けるよ!」なんて言ってくれて、誰も来なくなったとしても、落ち込むことはないです。それは、

僕も通った道

ですので。涙。

ヨガ ベンチ

僕の友達は1回すら来てくれませんでした。笑

 

今回お話したのは、今後も大事なコトに繋がります。

なぜなら、どんな目的で来てくれる人をターゲットにしていくか?に関係するからです。

今後は、ブログを開設したり、フライヤー(チラシ)を作ったりするかもしれませんが、実はこのターゲットが決まらないと、それらも作れないからです。

 

ちなみに、フライヤーでもブログでも何でもですが、オシャレで可愛かったら集客できると思っていませんか?

その考えでは今後お金をドブに捨ててしまうでしょう。これを僕は「金ドブ」と呼んでます。

そのへんは今後、お話し出来たらと思います。

 

今日はおしまい。

 

HOME

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表 「身体と心の両面を整えるヨガ」をコンセプトに活動。2015年よりアジア最大級のヨガイベント「横浜ヨガフェスタ」Lotus8-オンラインヨガクラス講師担当中。現在、全国各地でワークショップ・講座を開催中。/スタジオ経営者/ヨガインストラクター育成講師/心理カウンセラー/心理学講師/ヨガ×心理学ヨガリボーン®︎考案者/美姿勢ヨガライフ考案者 著書(電子書籍):生徒の心に響く「ヨガ誘導の言葉」/ヨガ専門誌『Yogini』自己肯定感を高めるヨガ-監修/同誌ヨガ心理学エッセイ連載 1975.2京都生まれ

-ヨガの先生の悩み, 独立開業(ビジネス)

© 2021 ヨガ×心理学 Powered by AFFINGER5