takako

体験者の声

Takako【大阪】父と母のことを思い出して涙が溢れてきました。

YOGAREBORN Episode.1

胎児に戻ったときに心臓の音を聞いてみると、だんだん父と母のことを思い出してきて、会いたいなぁという気持ち、愛しい気持ちになり涙が溢れてきました。不思議な感情でした。

なぜなら自分が母というふうに、いつも感じているんだなと実感したからです。私は自分の子供たちには、私を選んで会いにきてくれていると信じています。涙が溢れたとき、私も父と母に会いたかったんだなぁって気づきました。私は母ではなく同じように、子どもたちより30年前に生まれてきた一つの命だったんだなぁ。なんか忘れてた感覚でした。

胎児から今の自分に戻っていく時に、10才、20才の自分の背中を見ながら、もっと抱きしめて欲しかったねって、ちょっと寂しかったねと抱きしめてあげました。自分が思う未来の自分に会える気しかしないので、また会おうねと約束しました。プレゼントは美味しそうな果物ひとつ。

終えた後の自分は、そこに行くというミッションをもったマリオみたいな気持ちがしています。とても気分がいいです。

もし5年前の自分が受けていたら、もっと心揺さぶられた気がします。仕方ないとか毎日のタスクに追われていた自分です。

 

HOME

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表 「ヨガ×心理学」がコンセプト。2015年よりアジア最大級のヨガイベント「横浜ヨガフェスタ」Lotus8-オンラインヨガクラス講師担当中。現在、全国各地でワークショップ・講座を開催中。/スタジオ経営者/ヨガインストラクター育成講師/心理カウンセラー/ヨガ×心理学ヨガリボーン®︎考案者/著書(電子書籍):生徒の心に響く「ヨガ誘導の言葉」/ヨガ専門誌『Yogini』ヨガ心理学エッセイ連載 1975.2京都生まれ

-体験者の声

© 2021 ヨガ×心理学 Powered by AFFINGER5