ヨガ心理学,ヨガリボーン体験者AKIKO

体験者の声

AKIKO様|けっこう無理して生きてきたのかもな〜と思った。

ヨガリボーンの感想

ビジュアライゼーション(未来の扉を開く)

ヨガ心理学,ヨガリボーン体験者AKIKO

AKIKO様 30代 兵庫県姫路市 ヨガ講師&主婦

身体の内側があたたかく、未来の自分に会えた時間。

けっこう無理して生きてきたのかもな〜と思った。(10代前後に戻った時)

自分の気持ちよりも、相手の気持ちを優先した方が上手くいく、心地良いと思って生きてきた(生きている)けれど、時と場合によって、相手を傷つけるかもしれなくても、自分の気持ちに正直になる選択をすることも必要だと感じた。実は分かってたんだけれど恐くてフタをしてきた部分。

2018年が人生で一番しんどくて、つらかったけど、なんとか踏ん張れたのだから「自分の選んだことに自信を持ったらいいんだよ!」と思えた。

10年後の自分は、無理して笑ってるわけではなく、落ち着いた穏やかな笑顔で「大丈夫。」「自分に正直に、自分の気持ちに素直になっていいんだよ」そんな風に言ってくれた気がする。

迷う自分も自分。それをしっかり感じ取って受け入れたら、自然と前を向けるようになる。無理しない。休む。感情を出す。自分にウソつかない。相手を意識しすぎない。本当の意味で自分を大切にしていきたい。

「◯◯でなければいけない」と思うことが多い人や、自分よりも人を優先にして生きている(かもしれない)人に是非受けてみて欲しい。

本心は?

本音は?

本当はどうしたい?

そこに向き合えるきっかけになるのがヨガリボーンだと思う。

>>この方が参加したワークショップin兵庫

>>ワークショップ・スケジュール

>>HOMEに戻る

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表 「身体と心の両面を整えるヨガ」をコンセプトに活動。2015年よりアジア最大級のヨガイベント「横浜ヨガフェスタ」Lotus8-オンラインヨガクラス講師担当中。現在、全国各地でワークショップ・講座を開催中。/スタジオ経営者/ヨガインストラクター育成講師/心理カウンセラー/心理学講師/ヨガ×心理学ヨガリボーン®︎考案者/美姿勢ヨガライフ考案者 著書(電子書籍):生徒の心に響く「ヨガ誘導の言葉」/ヨガ専門誌『Yogini』自己肯定感を高めるヨガ-監修/同誌ヨガ心理学エッセイ連載 1975.2京都生まれ

-体験者の声
-,

© 2021 ヨガ×心理学 Powered by AFFINGER5