ヨガインストラクターになるには?サムネ

ヨガインストラクターになりたい人へ(資格取得) ヨガ指導者養成講座の選び方

ヨガインストラクターになるには?必要な費用・期間。初心者から先生になりたい方へ。

ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?

この記事では、「ヨガインストラクターにるにはどうしたらいいのか?」について解説しています。

こんな方におすすめ

  • ヨガインストラクターになりたい。
  • ヨガの資格取得方法をしりたい。
  • どんな団体・スクールが良いか調べている。

 

筆者SATORUプロフィール

SATORU
僕自身がヨガインストラクター育成講師&養成講座主催者です。

※詳しいプロフィールは最下段にあります。

 

公的な資格は存在しない。

ヨガインストラクターになるには?3

ヨガには公的な資格や学校は存在しません。極端な話、誰でも今日から「私はヨガインストラクターです。生徒を募集します。レッスン代金は〇〇円です。」と看板を出しても何も問題はありません。

ただそれは極論であって、スキルや知識、ノウハウも必要です。上記のような人は今まで見たことはありません。現実問題として、その教育・トレーニングを積む必要があります。

 

ヨガインストラクターになるのに必要なもの

ヨガインストラクターになるには?1

必要なスキル・知識

ヨガの背景である歴史や、身体と心に与える効果。そして、ヨガは精神性も備えているので哲学も学ぶ必要があるでしょう。

解剖学・生理学を学ぶことで、身体の知識も深めます。これがないと自分自身も怪我をするかもしれませんし、何より生徒さんに安全なヨガレッスンを提供できないです。

ヨガの先生の柔らかい笑顔の裏付けにはしっかりとした能力が必要です。また、自分がポーズを取れることも重要ですが、ヨガインストラクターはそれを生徒に教えて、楽しんでもらう方法を見に付ける必要があります。

身体が柔らかいほうがもちろん好ましいですが、身体が柔らかいから良い先生になれるわけでもないですし、逆に身体が硬くても良い先生はたくさん存在します。

 

必要な費用

20万円〜50万円くらいでしょう。

ただ、海外で取得する場合はそこに渡航費や宿泊費などが含まれている場合があります。

 

必要な期間

30時間〜200時間

その時間数に応じて、短期集中であれば5日〜2週間で取得出来る計算になります。

長期であれば、毎週・隔週ずつ数時間学ぶことで、3ヶ月〜1年掛けて取得することになります。

 

SATORU
長期で学ぶ事をおすすめします。ヨガは単なるマニュアルではないので、短期では身につきません。自分と向き合って変化しながら熟成する期間が重要です。
ヨガテリ子
自分が変化して成長していく期間なんだ!?

 

どこで取得出来るのか?

ヨガインストラクターになるには?5

 

ヨガスタジオ・教室・スクール・主催する「ヨガインストラクター養成講座」を見つけましょう。例えばGoogle検索で「ヨガ 資格取得」「ヨガインストラクター養成講座」「ヨガ ティーチャーズトレーニング」「ヨガ TTC」などと調べてみましょう。最近ならインスタのハッシュタグも良いでしょう。

SATORU
ちなみにTTCというのは、TEACHERS TRAINING COURSE(ティーチャーズトレーニング)の頭文字でTTCと言います。これも知らないとわからないですよね。

講座を見つけたら、資料請求してみたり主催者に質問したり、先生をフォローしたりしてみましょう。それも大切な1歩です。

 

オンラインでも取得可能

ヨガインストラクターになるには?3

昨今は養成講座がオンラインでも開催されています。物事を習うのには「リアル対面」で教わるのが一番なのは言うまでもありません。しかしながら、オンラインを有効活用するのもおすすめです。講座会場が遠い方は、妥協して近くの講座にいくよりも、先生が決まったのであればオンラインで講座を受けることもおすすめしたいです。特にこれからの時代は「人」が最重要。

 

ヨガスタジオに就職したら資格取得可能!?

もう一つ、ヨガインストラクターになる方法をあげるとすれば、「ヨガスタジオに就職」することです。ヨガ未経験にも社員教育としてヨガのトレーニングをするヨガスタジオは存在します。費用的には負担が少ないかもしれません。(給料から差し引かれる可能性もあるでしょう。)

ただ、これはあくまで「社員教育」としてのヨガインストラクターであると認識したほうが良いでしょう。企業はあなたに「業務」をマスターして欲しいのであって、ヨガの学びのために時間と費用を使っているわけではありません。そこは大人として理解しましょう。

ヨガをしっかり学びたいのであれば、養成講座を受講しましょう。

 

おすすめの資格取得方法。

ヨガインストラクターになるには?3

あなたにとっておすすめの方法を選びましょう。人によっては大手のスクールが安心な方もいます。個人が主催する小規模な講座が良いと言う人もいます。

ただ、大手だからその後の就職先が見つかったとか、良い先生になれたというのは、僕自身は聞いたことがありません。僕も自身のスタジオに他の先生を雇い入れるときもありますが、その際に、「あなたはどこの養成講座で資格を取得しましたか?」などと聞いてそれで選考判断にするなどしたことがないです。

これは、他のヨガスタジオ経営者に聞いてもそう言っております。ヨガの養成講座においてあまり「肩書き」にこだわるのはいかがなものかと思います。

 

おすすめはずばり「先生」で選んでください。

 

SATORU
これは声を大にして言います。
ヨガテリ子
それ、ほんとヨガの先生ならそう言いますよね!
SATORU
でしょ!?

 

ヨガにおいていちばん大事なのは「先生」です。何故なら、養成講座は同じカリキュラムが存在するわけでもなく、同じことを学ぶわけではありません。同じ講座資料など存在しません。

  • 先生の人柄・雰囲気。
  • その先生があなたの理想とするレッスンを開催しているかどうか。

これを大事にしましょう。

極力下記のような理由では選ばない事をおすすめします。

  • 近いから。
  • ホームページがオシャレだから。
  • 安いから。

その基準で選んで後悔してる先生を多数見ていますので。

 

まとめ

ヨガには公的な資格は存在しませんので、誰でもヨガインストラクターと名乗ることも出来ます。ただそれは現実的とは言えませんし、僕自身もそんな人を見たことがないです。

養成講座を修了して必要なスキルを身につけましょう。初心者からでも可能ですが、必ず養成講座は「先生」を見てから決めましょう。

 

 

動画で補足

 

ヨガのインストラクターになりたい方へ。

ヨガインストラクター養成講座-オンライン対応

 

HOME

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表 「身体と心の両面を整えるヨガ」をコンセプトに活動。2015年よりアジア最大級のヨガイベント「横浜ヨガフェスタ」Lotus8-オンラインヨガクラス講師担当中。現在、全国各地でワークショップ・講座を開催中。/スタジオ経営者/ヨガインストラクター育成講師/心理カウンセラー/心理学講師/ヨガ×心理学ヨガリボーン®︎考案者/美姿勢ヨガライフ考案者 著書(電子書籍):生徒の心に響く「ヨガ誘導の言葉」/ヨガ専門誌『Yogini』自己肯定感を高めるヨガ-監修/同誌ヨガ心理学エッセイ連載 1975.2京都生まれ

-ヨガインストラクターになりたい人へ(資格取得), ヨガ指導者養成講座の選び方

© 2021 ヨガ×心理学 Powered by AFFINGER5