講座風景

「RYT200ヨガインストラクター養成講座」にて【ヨガ心理学講座】in 浜松マイトリー

「RYT200ヨガインストラクター養成講座」にて【ヨガ心理学講座】

RYT200ヨガ心理学講座

ヨガ心理学の講座を静岡県浜松市の『Maitrii Yoga』さんにて開催させていただきました。このスタジオは浜松ヨガ協会のお膝元であります。

そして今回の講座は、

ヨガインストラクター養成講座「全米ヨガアライアンス200時間」の中のカリキュラムとして、採用していただきました。

採用していただいて本当に光栄です。協会の会長のYOSHIKO氏に感謝しています。

 

ヨガ心理学とは

RYT200ヨガ心理学講座

ヨガインストラクターに、心理学の知識とスキルを普及するために考案した講座。「ヨガとは身体と心の科学」と言われています。身体に、病気ではないが健康でもない「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と呼ばれる不調が社会問題ともなっています。病気ではないので、病院では根本解決することがありません。ヨガをすることで、身体の不調を解決しましょう。それは心でも同じです。

心の病気では無いが、心が万全ではない状態の人も多いです。(深い悩み・軽いうつ状態・自分を好きになれない、など)ヨガインストラクターがそんな方たちの「身体と心」のケアを行えることが『ヨガ心理学』の目的です。

 

この講座で得られること

  • 未来の生徒の心のサポートをするスキル。
  • 自己肯定感とは何かを理解する。
  • 心理学を日々のヨガレッスンに応用する方法。

 

 

8時間の濃厚なコンテンツ

RYT200ヨガ心理学講座

今回は、朝から夜まで8時間に渡ってコンテンツを作り上げました。単に心理学を行うだけでなく、ヨガと関わりをもたせています。

これからヨガの先生になる「金の卵」のような受講生には絶対に必要な知識とスキルを詰め込みました。一生重宝すると言えます。

心理学って正直、心も動くから、学ぶ時間が8時間にもなると、集中力が切れる受講生も出ることを想定していました。ところが嬉しいことに、その期待は裏切られて、まっすぐな眼光がずっと僕を捉えて離しませんでした。

ついつい熱が入って、講座が進みました。

 

 

受講生の声

RYT200ヨガ心理学講座

受講者A様

心理学というとすごく難しいイメージを想像していたのがSATORU先生の講座は、いくつもいくつも言い方を変え、角度を変え、わかりやすく、おもしろく、お話してくれたので長い時間もあっという間でした。たぶん、自分の状況がまた変わると、今日やった講座もまた違う意味でとらえられたりしそうなので、是非、また受けてみたいと感じました。今日はありがとうございました。

 

受講者B様

心理学の分野は今まで興味はありましたが、広い分野なのでどこから、何から学んでいいのかずっと迷っていました。しかもヨガに結び付けたいと思っていたのでヨガに生かせる心理学をどうやったら効率的に学べるかとも思っていました。遠回りして学びたくないという少しズルイ気持ちがあったので、なかなか心理学に手を出せなかった…という理由もあります。でも、今日SATORU先生の講座を受けて、哲学との違いも学べて、それが自分の中でストンと入ってきました。“人の数だけ答えがある”私が求めていた教えでした。心の病を抱えている人が増えている現代で、どうしたら少しでもそこから解放されるのか、解放させてあげられるのか、私はヨガを通してそれを実践できたらと思います。

 

受講者C様

今日は、ありがとうございました。やっぱり、前から受けたかったSATORU先生の講座、ピンと行動して受講できてよかったです。私自身がヨガを伝えていく上で大事にしている『心の部分を動かす事ができたらなぁ~』と常々思っています。それは、私自身がヨガを受けて『心から(魂)感じた事、泣きながらヨガをやった』経験があったからです。病気の生徒さん等、これから会話する時に今日学んだ事をやってみます。木の絵もありがとうございました。 

 

RYT200ヨガ心理学講座

受講者D様

今の自分に1番必要なことを教えていただきました。ずっと自分は自立している、自分は強いと思っていました。でも自分は依存していたこと、他人軸で生きていることを生まれて初めて知りました。涙が止まらなくて不思議でした。木の絵をかいてプレゼントをもらった時に今の自分そのものが木に見えてきて驚くほど感動しました。これから自分軸で自分の1番大切なもの自分の船は自分でこいで生きていきます。今日この講座を受けられたことに本当に感謝です。SATORU先生ありがとうございました。

 

受講者E様

物質的ではなく、もっと奥の自分の心に気づく。そのためには自分自身と向き合うことがとても大切だと改めて感じました。自分自身の感情も行いも良い悪いではなく今おこっていることを肯定してあげる。自分にOKをだしてあげる。特別何かが出来るから自分がスキというわけではなくただいるだけで充分という無条件の愛を抱くことで全てに対し無条件の愛で関わっていけるのだと思いました。バウムテストを行い、今の自分自身を知ることができ自分軸をしっかりともって!何があっても大丈夫だよ、と感じることができました。とてもいい時間でした。ありがとうございました。 

RYT200ヨガ心理学講座

受講者F様

カウンセリングをする際に、相手のことよりまず自分自身が安定していることが大事だと思いました。相手のことを思い、自分が思った事アドバイスを与えたくなる気持ちがでてくるけれど、自分の答えは自分自身がもっている。その答えを相手が出せるように導けるようになりたいです。

 

受講者G様

今日、心理学を学び、自分自身いつも、もしかしたら依存にあった所と自立にあったというところに気づけました。投影によって起きた感情は、言葉よりもすごく素直に受け取れると分かったし、それは相手も同じで、なかなか自分で受け入れられない方にやってあげたいと思った。もちろん、まずは自分に試していきたいです。目を閉じた方がやりやすい。人につられないという誘導で、すごく気持ちよくなり、心が楽になりました。私は人を気にして比べるから、目を閉じて自分をもっと見ていこうと思いました。

 

受講者H様

難しい言葉がたくさん出てきたので、お家に帰って調べてみようと思いました。現在インストラクターをしているので誘導とリードが使いこなせるようになれると良いなと思いました。大学生の時に行動心理士の資格をとったのですが、また違った心理学のことが知れて面白かったです。

 

RYT200ヨガ心理学講座

受講者I様

今日は一日、ありがとうございました。8時間、あっという間に過ぎていきました。初めて聴く話が、いつも以上に新鮮で心にとても響きました。自分の普段生活と照らし合わせながら、話を聴いていたせいか感極まる瞬間が何回もありました。人と話をする事がとても好きなので、今日の講座は本当に楽しかったです。ヨガを通して、自分の好きな事も一緒に来て頂いた生徒さんに伝えられるようになりたいと感じました。自己肯定感も大事にしたいし、自立と依存のバランスも大切にしていきます。ありがとうございました。

 

受講者J様

カウンセリングの基礎で教えていただいたうなずき、あいづちだけでも普段のクセで何か意見を言いたくなる自分に気づきました。オウム返しでは、全然話が聞けていないことに気づき、普段も会話しながらちゃんと相手の話を聞けてないことがわかりました。自己否定の禁止令を取りのぞいていき自分の存在を肯定していきたいと思います。とても興味のある、タメになる講座でした。機会があれば深く学んでみたいです。

 

受講者K様

心理学はむずかしい、深いと思った。相手の心を開いたり、解決するのは、練習・スキルが必要。 でも、結局は相手を想う気持ちが大切だと思った。心理学って温かいものなんだ思った。木の絵を説明している時に、自分の事だと気づいた。そして、自分のこと、こんな風に感じているんだという、新しい発見もあった。私は自己肯定感が高いと言われる。「根拠のない自信」はきっと、母からの無条件の愛によって、つくられたんだろうなと思った。インストラクターになる上で、もう少し学んでみたい。

 

受講者L様

心理学は私もずっと独学で勉強している1つなので、今日SATORU先生の講座を受けるコトが出来て、本当に良かったです。しかも、自立と依存のところは、すーっと自分の中で納得できる部分があったり、今ちょうど悩んでいる人間関係とリンクして解決されました!私にもカウンセリング能力があったら、今よりもっと誰かを目かけてあげられるんだろうなって、もっと学びたくなりました。そして、「投影」とてもおもしろい!自分でもやってみます!

 

HOME

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガインストラクター&心理カウンセラー。 ヨガ × 心理学 『ヨガリボーン®︎』考案。 ヨガ スタジオ YOGATERIOR 代表 各地でワークショップを行っている。

-講座風景

Copyright© ヨガ×心理学 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.