ヨガと潜在意識の関係 心理学 脳科学(NLP)

ヨガにおいても大事な「潜在意識」と「顕在意識」

更新日:

人生が変わらない理由は〇〇であったとは!

・なぜ変わると決めても、結局元どおりなのか?

・なぜ幸せな未来を描けないのか?

・なぜ歩きたい人生を歩く勇気が出ないのか?

 

本気で思っているのに!!

 

と言うあなたに今日はお話しします。人間の意識には大きく分けて2つあります。

 

1.潜在意識(せんざいいしき)

2.顕在意識(けんざいいしき)

 

1.「潜在意識」

は一度は耳にしたことがあると思います。ヨガスタジオの生徒さんにも聞いてみても、聞いたことがある方が多いです。

そんなん初めて聞いたわいって言う方もおられると思うので説明します。

要は自分の奥にある意識ですね。完全にイコールではないのですが、「無意識」と捉えていいと思います。

 

潜在意識=無意識

(正確にはイコールではないですが、こう思ってもらって問題はないでしょう。)

人間はある意味でみんな二重人格なんです。

ちなみに潜在意識を発明したのがジクムント・フロイトです。

人間には意識の裏にもう一つの意識があるなんて、最初に発見したフロイトさんはすごいですね。ぶっ飛んでる。^^

彼の発見がなかったら近代心理学はなかっとまで言われています。

 

2.「顕在意識」

は潜在意識の逆、要は意識していることです。

 

考えたり喋ったり理論的なところね。

 

さて「潜在意識」と「顕在意識」の2つが大きく分けて意識には存在します。

なんと人間は割合的に見て「潜在意識」が大きいんです。それも圧倒的に

 

「潜在意識」 95%

「顕在意識」 5%

の割合です。

 

なので、本気で変わろうと「顕在意識」では思っていてもあなたの「潜在意識」が本当は変わることを望んでいなかったりすると、あなたは変わりません。

今後この仕組みをお話ししていきますね!今日はここまで!

 

では今日も良い人生の冒険の旅を

ボン・ヴォヤージュ!!

-ヨガと潜在意識の関係, 心理学, 脳科学(NLP)

Copyright© ヨガ×心理学 ヨガリボーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.