SATORU,ヨガテリア

エンプティチェア ヨガリボーン

ヨガ心理学。あなたの今の悩みを解決する.3

更新日:

前々回に

人が悩んでいるとき、苦しい時、

その問題だと思っている事それ自体ではなく、

その裏側にある

「自分の存在価値が下がるようなことが怖い」

とお話ししました。

>>ヨガ心理学。あなたの今の悩みを解決する.1

 

そして前回、SATORUの事例ですが

職場の人間関係で悩んでいると思っていたが、

それを引き起こしているのは、

他者ではなく、自分自身が

「自分の想いを言えない」

ことであった。

逆に言うと、

苦しい想いをしてでも

「自分の想いを言わない」のには

理由があるのです。

とお話ししました。

>>ヨガ心理学。あなたの今の悩みを解決する.2

 

さて、SATORU(同じ人たくさんいるはず)は

どうして苦しいのに

「自分の想いを言わない」

という行動をとったのでしょうか?

 

相当に苦しいのにその行動を取らない。

人にはそういったとき、

もっと大きなメリットがあるのです。

そのメリットに気づく必要があります。

 

ヨガ・テリ子

え??辛い想いをしている事にメリットがあるの??

 

SATORU

はい。人はある意味でいつも最善の選択をしていると取る事ができます。

 

ヨガ・テリ子
苦しいことが最善の選択?
SATORU
そう、「ある意味最善」だと思ってしまって抜けられない。だから苦しいのです。そこ学びませんか?自分と向き合えば必ず解決しますから。

 

少し戻りますが、

人は「自分の価値が下がることが怖い」のですね。

 

この事例でいうと、

「自分の想いを言う」=「自分の価値が下がる」

と言う方程式がどこかで存在する。

 

SATORU,ヨガテリア

 

SATORU自身の事例ですが、

自分の想いを言って、

それが他者に認められなかったとき、

自分は価値のない存在だ

と感じると言う価値観

存在したのです。

 

つまり、そう言った感情になりたくないから、

そこだけは避けたかった。

「自分の想いを言わない」ことで、

その最悪のシチュエーションを避けること

ができたのです。

 

つまり「自分の想いを言わない」ことで

最悪のシチュエーションを避ける

と言う最大のメリットが存在したのです。

 

人は、メリットのあるものを離すことが

怖いのです。

 

SATORU
覚えてますか?SATORUが「自分の想いを言わない」理由は恐れです。と言ったのを。その恐れがこれですね。

 

ヨガ・テリ子
あ、なんか思い出しました。なんの恐れ?何のメリット?っとチンプンカンプンだったけど少し理解できた気がします。

 

何事もそうですが、

苦しいと思っている状況を脱出できないとき、

何かメリットを得ています。

そのメリットに気づかないと

ずっとその状況は続きます。

 

さて次に進みます。

「自分の想いを言って」それが受け入れられなかった時、

果たしてその人には価値がないですか?

当時SATORUは何故、

そんな価値観を持っていたのでしょうか?

 

そうそれが、幼き頃の出来事なのです。

叱られた子供画像

ヨガリボーンの論理が少し見えてきましたか?

 

ヨガ・テリ子
面白いけど難しいなあ。

 

SATORU
あ、完全に理解しなくて良いですよ。ヨガリボーンはある論理の元に作ったものだとわかってもらえれば。そしてこう言った本質的な話を理解するには相当な時間と経験が必要です。もちろんSATORUももっともっと学んでいきますから一緒に学びませんか?こう言った知識や経験はあなたとそしてあなたの周りの人を幸せにします。きっと必要としている人がたくさんいます。

 

では次回

SATORUは何故幼き頃に

「自分の想いを言って」それが受け入れられなかった時、

自分の価値が下がる。

と感じるようになったのでしょうか?

 

をお話しします。

 

-エンプティチェア, ヨガリボーン

Copyright© ヨガ×心理学 ヨガリボーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.