心理学

答えは〇〇の中にある|カウンセラーとアドバイザーの違い.2

更新日:

答えは〇〇の中にある

迷った時、悩んだ時、

考えても答えが出ない時。

どうすれば「正解」を選ぶことができるのか?

人生の岐路

それは

「自分が望む選択」をすること

だと前回お伝えしました。

 

 

そして僕は

ヨガと同時期、

心理カウンセラーという職業

を知りました。

実はヨガインストラクターを目指す前には、

心理カウンセラーとして

生きていこうかと迷ったくらいです。

 

 

カウンセリングはまだまだ誤解を持った方も多いですが、

随分とイメージが良くなってきましたね。

 

 

みなさんが心理カウンセリングにどんなイメージを

お持ちかはわかりませんが

 

・単に人生相談する訳ではないんです。

・説教されて終わりではないんです。

 

(※そういったもので終わっていれば

その人はプロではないと思います。)

×女性

よく考えてみてください。

初めて会う方に、悩みを打ち明けて、

解決するってなかなか信じられないですよね。

 

 

では、心理カウンセラーはどのような職業なのでしょうか。

僕が心理カウンセリングを学び始めた頃、

最初に教わったことがあります。

 

 

それは

カウンセラーとアドバイザー(知人)の違い。

です。

 

 

悩んだ時、迷った時、

相談できる知人はありがたい存在です。

それはもちろん必要でしょう。

しかしそれは、よきアドバイザーなのです。

アドバイザー:

アドバイザー自身の価値観で意見をくれる。

仲の良いお友達や、あなたをよく知ってくれている人は

親身になりあなたの立場で考え、

あなた自身にとって良い答えを

導いてくれることもあるでしょう。

 

しかしそれはやはり、

アドバイザーの答えをシェアしてくれている状態です。

 

カウンセラー:

クライアント(相談者)自身が何を望むのかを気づかせてくれる

カウンセラーは、あなたに何かを押し付けることはしません。

あなた自身が進めべき道を自分で選ぶ

サポートをするのがカウンセラーです。

 

そう。

あなたが本当に相談するべきは、

あなた自身なのです。

あなたがあなたと向き合って選んだ答え。

それがとっても大事な答えです。

 

僕も、カウンセリングを学んでいます。

僕に相談してくれるヨガの生徒さんもおられますが、

いつも、その方がどうすれば自分の答えを出せるのか

それをテーマにお話を聴いています。

 

迷ったとき、悩んだ時、八方塞がりに見える時。

答えは必ずあなたの中にあります。

 

次回は、

そこに何故ヨガが必要なのかをお話しますね。

-心理学
-,

Copyright© ヨガ×心理学 ヨガリボーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.