ヨガ 心理学

答えは〇〇の中にある|人生の選択においてなぜヨガが有効か?

更新日:

人生の選択においてなぜヨガが有効か?

さて、

前々回と前回で、

心理カウンセラーの仕事は、

友達などのアドバイザーとは違い、

相談者自身が何を望むのかを

本人に気づいてもらうサポート

であると説明しました。

 

 

そう。

答えは自分の中にあるから

です。

 

 

しかし、

いかに腕のいいカウンセラーでも

困ってしまう状況があるのです。

 

それは、相談者が本心を言ってくれない。

というより、

本心を言えないほど緊張

しているんです。

どんなに気持ちを打ち明けようとしても

打ち明けられないのか、何が本当の気持ち

なのかがわからない。

 

 

そんな時は、

身体もガチガチなことが多いので、

カウンセラーは

・少しマッサージする

・水に触れてもらったり

・手で砂遊びをしてもらう

 

ことで身体の感覚を使ってもらうのですね。

 

身体感覚を取り戻してもらうと気持ちにも

敏感になるのです。

 

 

相談者が本心を話してくれなかったら、

腕のいいカウンセラーもお手上げなのです。

そして、相談者自身も本心を

「話しているつもり状態」

であることも多いです。

話しているつもり状態のうちは、

なかなか自分の中の答えにたどりつけません。

 

 

自分の本当の気持ちって、

身体感覚と共にあります。

これはもちろん精神論ではないですよ。

人間、理屈ばかりで考え込むと、この

身体感覚と気持ちに蓋をします。

蓋をあける画像

身体の構造上の話です。

※この構造のお話はヨガリボーン講座でお話しています。

 

 

ほら、ストレス溜まったらご飯美味しくなくなる

とかいう方多いと思います。

気持ちも、味覚も蓋をして防御してるのですね。

鈍化させて守ってる状態。

敏感すぎたらしんどい時もありますもんね。

 

 

防御して鈍化させてるといいこともあるのですが、

デメリットもあります。

自分が何を望むのかという

気持ちにも蓋をしてしまうのです。

どう進めばハッピーかという大切な感覚も

鈍化してしまうのです。

yogareborn.sickgirl,ヨガリボーン

 

本人も知らないうちに蓋をしてしまうと

「自分が望む選択」

を見つけにくいんです。

 

 

その蓋を緩める作業が、

身体を整え、緩める作業なのです。

 

 

さあ、身体を整え緩める作業で

何かいいものありませんか?

何がいいでしょう?

 

 

そう、ヨガですよ。

もちろんですよね。

 

講座の中でこれを質問したら、

「わかりません」という方が

おられますが、皆さんここは

自信を持って「ヨガ!」

とお答え下さいね!^^

 

 

ところでヨガリボーンて

原理的に何をしているのかというと、

ヨガをして、身体から感情にアクセス

した状態で、

心理学的誘導で、自分の望む道を

ヴィジョンとして映像で見るのです。

 

 

「扉を開けて未来を見るぅ!!??

そんなの出来るの?」

それが出来るのです。

 

 

身体から感情にアクセスした瞬間に

未来の扉を開くといったワークを

ヨガの最中に行うことで、

本人も驚くような光景が見えるのです。

 

 

その光景は

「自分が望む選択」ができるための

最初の1歩。

しっかりと未来の自分を身体感覚で

イメージできるかという大切なことなのです。

 

紙飛行機飛び立つ画像

 

ヨガの持つポテンシャルは本当にすごいです。

これからもっと社会に求められる時代が来ます。

もちろんヨガリボーンもです!

  • この記事を書いた人

SATORU

ヨガインストラクター&心理カウンセラー。 ヨガ × 心理学 『ヨガリボーン®︎』考案。 ヨガ スタジオ YOGATERIOR 代表 各地でワークショップを行っている。

-ヨガ, 心理学

Copyright© ヨガ×心理学 ヨガリボーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.