母との関係,エンプティチェア,ゲシュタルト,ヨガリボーン

エンプティチェア

【斬新! 夢に不可欠な「身体」と「心」はこうして手に入れる】

更新日:

【斬新! 夢に不可欠な「身体」と「心」はこうして手に入れる】

先日は、
人が人生で生きていく上で、

幸せになる目標はすごく大事であり
夢や目標には、
自分のブレーキを外す
ことが大事

 

であると説明しました。

 

そのブレーキの根本。
それは「親」との関係性です。

 

特に「母」です。
(もちろん「父」など、
それに変わる方も存在します。)
自分を育ててくれた人との関係性
というのは
非常に重要になってきます。

 

SATORUは頭ごなしに、
「親孝行しなさい!」
なんて言いません。

 

ここで言う、「関係性」
と言うのは、リアルな関係よりも
まず最初に、
『あなたの中の母との関係性』
はどうですか?

 

と言うこと。
もう一度言います。

 

『あなたの中の母との関係性』
です。

 

人は多くの場合、
母との関係性を幼き頃に形成しています。
そこで、ヨガリボーンで幼き頃に
『タイムスリップ』して、
当時の「母」に会います。

 

少し不安ですか?
でも大丈夫。
外見は子供、中身は大人
名探偵コナンくんみたいな感覚で
す会いに生きますから大丈夫^^

 

そこでは多くの気づきがあります。
今のあなたが思いもしない気づきです。

 

ヨガによって身体からアプローチ
して、無意識の感情まで向き合える
ことによって、得られる気づきです。

 

今回、
ある分野の先生を目指される受講者様の
紹介です。
彼女は素晴らしい夢と目標がありますが、
なかなか行動に踏み出す勇気が
持てない様子でした。

 

それは苦手意識から来るものでした。
その苦手意識を理屈で説得することは
あまり効果的ではありません。

 

そこで前述した理由により
ヨガリボーンでタイムスリップ。

 

ご本人の中の「母」と会ってもらいました。
今の彼女の年齢とさほど変わらない「母」です。
あなたは
外見は子供、中身は大人です。

 

以下そのご感想です。

▼▼▼ここから

ヨガリボーン
【母との関係性修復・エンプティチェア】

平井 志穂 様(仮名)
愛知県豊橋市 会社員

 

(ヨガの途中、母との関係性修復・エンプティチェアのワークで)
35〜6歳の母に会ったのですが、

母は笑っていました。
今までイヤなことも、辛いことも
たくさん言われて来たけど

そのぶんたくさん笑っていた

ことも思い出し、

自然と涙が出て来ました。

 

現在母とあまりいい関係を
築けているとは思いませんが、

私は母が大好きなんだと気付きました。

 

(ヨガの途中、自分の子供の頃をイメージするワークの時)
子供の頃の自分は暗い顔をしているかと思っていましたが、
以外にも笑っていました。

 

自分が思っているよりも、
何とも思っていないのかもしれないです。

 

子供の頃は母が大きく見えましたが
(ヨガの中で母と一体となる感覚の時)
当時の母の位置につくと
そんなに大きいとは感じませんでした。
母も(当時)大変だったんだと気付きました。

 

▲▲▲ここまで

 

このご感想を読んでどう思われますか?
不思議でしょう?
しかし、ヨガリボーンでは
このような体験が誰でもできます。

 

この気づきから、
少しずつ半オートマチックで
「母」との関係性が変わり、
何よりも「自分自身」との向き合い方が
違ってきます。

 

自分自身との向き合い方が
変わることで行動が加速するのは
言うまでもありません。

 

夢や目標に向かって行動するのは
その後です。
そのための『身体と心のベース』
を作るのがヨガリボーンの最大の特徴ですね。

 

体験レッスン
▼▼▼▼▼▼▼▼
http://yoga-re-born.com/?page_id=84

ヨガリボーン体験者様の声
▼▼▼▼▼▼▼▼
http://yoga-re-born.com/?cat=3

 

 

 

-エンプティチェア
-, , , , ,

Copyright© ヨガ×心理学 ヨガリボーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.